FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子のマニー

WMも終わった。近年の傾向であれば、これからストーブリーグの火が燃え上がる日は遠くない。
クロフォード、ワースの野手の目玉は契約してしまったが、投手にはパヴァーノ、ソリアーノ、そしてあのクリフ・リーの名前が残っている。

そんななかで、日本ではDH選手の行き先に注目が集まっている。
他の選手の契約動向によって、松井秀喜の行き先が決定するからだと思われるが、そんななかである大物の名前が出てこないのは驚きに値すると言っていい。
あのマニー・ラミレスの名前がまだ出ていない。
マニー・ラミレス
わずかにブルージェイズのGMが言及した程度で、具体的な動きが伝わってこないのだ。


マニーといえば、ドレッドヘアにちゃらんぽらんな動き。
自由奔放な行動を繰り返しながらも、その屈指の打撃力によって常にトッププレイヤーに分類されてきた選手だ。
出塁率・長打率のいずれでもハイレベルな成績を残し、ついた異名は”RBIマシーン”。天性の才能に恵まれた彼は、いつも当たり前のように驚異的な打点をたたき出してきた。塁にランナーをおいてボストンの3,4番コンビと対戦したい投手は存在しなかっただろう。いたとすれば、恐れ知らずの馬鹿か、何もわからない阿呆か、もしくはその両方だったに違いない。
全盛期のwOBAは4割を軽く越える。集中した時の彼はボンズよりも恐ろしかったかもしれない。
しかし。
今年は打率/出塁率/長打率が298/409/460。規定打席到達以降、キャリア最低の長打率だ。本塁打、二塁打ともに少なく、RBIマシーンと言われた面影はない。シーズンを通してゴロが増え、フライが減った。
元々気力のないと言われていた守備はますます衰え、今も一流を誇るのは選球眼のみと言ってもいいかもしれない。

しかし、つい2年前には332/430/461というマニーらしい数字を残していたのだ。彼が、マニーが急激に衰えると考えることは難しい。
今年も、LD%はキャリア平均の数値で、球を芯でとらえる能力も健在だ。
ビル・ジェイムスは来年の数値を290/401/503と予想している。これは今契約を結んでいないDH――トーミー、ゲレーロ、松井――に期待するには酷な数字だ。

彼が来年もハイレベルなDHでいる可能性は低くない。にも関わらず、彼の獲得には誰も手をあげない。
それには、彼が今までにおこしてきた様々なトラブルも絡んでいるかもしれないが、なんといっても大きいのはボラスだろう。
この狡猾な代理人は、今までに様々な巨額契約を結んできた。レッドソックスでの恐ろしい作戦は記憶に新しい。
彼が絡む選手に安売りはない。しかし、高齢の選手との契約には大きなリスクが潜んでいる。彼がいることが、GM達の目を他へと向けさせている一因になっていることは確かだ。

また、マニーは素晴らしい可能性を持っていると思うし、そう予測されている――高齢選手に可能性はどうかと思うが――が、同時にホワイトソックスでの情けない姿が頭をよぎることも確かだ。
ホワイトソックスの起死回生の補強は失敗し、ファンは情けないぐらいにゴロを打つマニーに失望せざるを得なかった。マニーは評価を落とした。それは確かだ。
今現在のマニーの実力が、ホワイトソックスでの姿である可能性もあるのだ。


彼が大活躍すれば、強力な中軸を手にすることが出来る。一方で、彼のモチベーションが上がらなかった時、働かないトラブルメーカーに、チームは大金を払うことになる。
そして、市場には彼よりも安価で、ある程度は成績を期待できそうなDHが残っている。彼に積極的に目を向けていいのか、迷うには十分だ。
何処が彼を獲得するのか?彼はフェードアウトしてしまうのか?

どうなろうとも、結局、”マニーはマニー”で納得できてしまいそうなところが、マニー・ラミレスという選手らしさなのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

にわかの自分からすると、巨人のアレックスとマニーが被るんだけど(
打撃成績、守備能力、ポジション。性格は違うと思うけどね。

レッドソックス時代、オルティス、ローウェルとクリーンナップを形成していた印象が強い。
ドジャース時代は良くも悪くも彼ありきのチームになってたような。
インディアンズ時代は昔すぎて、ホワイトソックス時代は印象が薄すぎて知らないと言ったところ。

つまりいわゆる劇薬なのかなと。
チームに良くも悪くも影響を与える選手だよね。

マニーどこ行くんですかね。年俸も想像つかない。
単年700万ドルでも3年4500万ドルでも、マニーだからで納得してしまいそう。
2008年のLADでのような、大活躍を見たいもんです。

>蟹さん
コメント、ありがとうございます。

マニーとアレックスは詳しい数字を見ていくと打者タイプの違いが見えてくるのでなかなか面白いですよ。
はっきり言えるのは、どちらとも素晴らしい選手である、ということです。アレックスは過大評価のような気がしないでもないですが。

今のマニーにチームカルチャーを変えるほどの力があるかどうかはわかりませんが、興味深いところです。

>DJさん
コメント、ありがとうございます。

代理人がボラス、ということを考えても年俸はどうなるのか、そもそも獲得されるのかというところは予測しずらいですね。
LADの時は素晴らしかったですが、さて、今のマニーにあのときのモチベーションがあるかどうか。
モチベーションさえあればなんとかなりそうな気がするのがマニーですね(笑)
プロフィール

コマ

Author:コマ
Dear Baseball.
セントルイス・カーディナルス(カージナルス)のファンブログ+NPBな感じです。
カーディナルスの情報と、気になった話題のコラムで構成していきたいと思います。

記事の内容がお気に召しましたら、一日一回クリックお願いします

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
FC2 Blog Ranking
当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。