FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミネソタ・ツインズの苦悩

ここ数日間、NPBの選手ランキングを作成しています。
そのためどうしても更新が滞りがちになりますが、ご了承ください。

ここ数年、地区内では抜群の強さを誇るツインズ。
生え抜き選手を育成し、地元に根ざしたチーム作りを進めるツインズ。基本的には野手の育成に秀でているようで、近年は打撃型チームとしての色を強めている。
さて、そんなツインズだが、地区優勝してはポストシーズンでファンの期待を裏切り続けているのはご存じだろう。
今期もヤンキース相手に3連敗で、シーズン終了となってしまった。

彼らがポストシーズンで最期に勝利したのは2004年。あのヨハン・サンタナやトリー・ハンターがまだツインズの一員として活躍していた時代である。
それほど遠い時代ではないはずなのに、はるか昔に感じてしまうのは目下12連敗中だからだろうか。
シーズン中は素晴らしい試合を見せてくれるのに、ポストシーズンでは1回も勝てていない。
しかし、いずれも惜しいところまではいっている。昨年のアレックス・ロドリゲスの劇的な同点打はいずれもツインズ相手でのものだ。

ファンからしてみれば、「今度こそ勝てるかも!」と思わせられて毎回突き落とされているのだから、そろそろ勝負弱さを疑う声があがってもおかしくはないと思う。
実際、ロン・ガーデンハイヤー監督の短期決戦での手腕を疑う声もあがってきている。
今年は新球場もオープンし、地区優勝も一番乗り。気合い十分で望んだにもかかわらず、3戦中2戦で逆転負けをくらっていては目もあてられない。

さて、その連敗のうち、直近の6連敗では、全て主砲を欠きながらの敗戦となっている。
そう、今やMLB屈指のクラッチヒッターとして名をはせたジャスティン・モアノー一塁手だ。
2006年にはMVP。30本塁打と100打点は確実に考えられる選手で、今年は打率にも進歩が見られていた。
ところが、走塁中の脳しんとうで離脱。結局復帰は出来なかった。
昨年も腰の疲労骨折でポストシーズンには出場できていない。

考えてみると、元MVPが中軸に二人も座るツインズの打線は豪華極まりないが、マウアーは基本的には本塁打は望めない打者だ。
率・本塁打共にある程度望めるモアノーが4番にいることで、何か変わることもあるかもしれない。今年は中軸が好機をつぶすような場面もあったように記憶している。

来年こそは、”MM砲”がそろったツインズをポストシーズンで見てみたい。
今とは違った戦いを見せてくれることに期待したい。
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コマ

Author:コマ
Dear Baseball.
セントルイス・カーディナルス(カージナルス)のファンブログ+NPBな感じです。
カーディナルスの情報と、気になった話題のコラムで構成していきたいと思います。

記事の内容がお気に召しましたら、一日一回クリックお願いします

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
FC2 Blog Ranking
当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。