FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆方向への本塁打は必要か??中田翔へ、梨田監督のアドバイス?

※決して監督批判・広角打法の否定ではありません。誤解なさらぬよう。

日本ハムファイターズ所属、今後に向けて大いに期待がふくらむ未来の強打者”中田翔”。
報道によると、彼が現在までに放った本塁打は全て中堅から左方向へのもので、梨田監督は右方向へも本塁打を打てるようになれとハッパをかけたとのこと。
勿論、”広角に打てるに越したことはない”との言葉通り、梨田監督も強く押しているわけではないだろう。あくまで、成長のおまけである。

その上でだが、これ、本当に必要なのだろうか?
むしろ、”右への意識”は、球を打つすべを覚えてきたように思える中田にとっての障壁ともなりうるのではないだろうか。
今の中田は、入団当初とは打席での構えがおおきくことなっている。これはいずれ別項で紹介するが、昔はいわゆる”一本足形”だった形から、今は足をあまり挙げずに、始めから手をトップの位置においておく”プーホールズ形”ともいえる形となっている。
このスタンス、球を見きわめられる時間が長くなり、選球眼が向上するといわれる(デメリットは力がないとまともなスイングすら難しいのだとか)。
そのため、ギリギリまで球を引きつけることができると言われるが、彼にはあのスイングスピードがある。
ほかの打者なら右へ打球が飛んでいく位置でも、彼のスピードで一気に振り抜いた球は、自然とセンターからレフト方向へと向かうことだろう。
そこに無理矢理右方向へ打とうとすれば、スイングスピードが衰えかねない。スイングスピードの衰えは、選球を難しくすることを意味する。
そうなると、せっかくの彼の上昇気流に水が差されかねない。
中田
個人的には、球を引きつけてレフト方向に豪快に持っていく彼の姿には、大いに魅力を感じている。是非とも、このまま成長していって欲しいところだ。上の写真のようなフォローするは好きではないけれど。


ところで、より強打者となるためには、右方向への打撃を覚えることは有効なのだろうか?
中田の打法が主流である、MLBの通算本塁打600本以上の打者で、右打ちがうまかった選手といえばアーロンとロドリゲスぐらいしか見あたらない。
ボンズ、ルース、メイズ・グリフィーJr、ソーサ。皆極端ともいえるプルヒッターだ。
しかも、この中で穴のある打者だったといえるのはソーサぐらいで、ほかの選手は三振もそれほど多いわけではない。ボンズなどは本塁打より少ない三振数を記録したほどである。
彼らがプルヒッターである理由は、プルヒッターであろうとしたというよりも、結果として引っ張りが多くなってしまったから、ということがいえる。みな、そのスイングが評価された選手ばかりなのだ。
アーロンやロッドにしても、スイングの結果打球が逆方向に飛んでいきました……という打球が多い(アーロンはともかく、ロドリゲスのぽよよん本塁打はまさにそれと思われる)。
さらにいうと、実はこの中で一番三振しやすく、四球が少ないといえるのは、逆方向に打てるロドリゲスだったりする。
歴代最強スラッガー、ボンズは完全なプルヒッターだが、三振は少なく選球眼も抜群。右へ打てないわけではないだろうが、数は少ない。
右方向に打てる=穴のない打者、というわけではないようだ。

結論として、”強打者になるためには必ずしも右への打撃は必要ではない”ということが導き出せると思う。
ボンズ
(確実性・パワー・選球眼を兼ね備えていた”完全なる打者”ボンズもプルヒッター。)

何が言いたいかというと、今の中田の引っ張り傾向は結果だということを言いたいのだ。始めから引っ張ろうとした打球というより、とらえた打球が左に飛んでいった……そんな印象を受ける。
意識したプルヒッターなら大いに改善が必要かも知れないが、歴代の強者と同様に、そのスイングスピードの速さから、見極めの上手さから引っ張った打球が多くなるのであれば、状況に応じて右に飛ぶ打球も出てくるだろう。

広角に打てるに越したことはないが、それは結果だ。理想的な打撃をすれば、右にも左にも打球は飛ぶ。無理して覚えることはない。
「右に大きな当たりを打てるのがスラッガー。自分はまだ一本も打っていない。監督の言っているような打者になりたい」と中田はコメントしているようだが、NPB歴代最強スラッガーの王もプルヒッターである。
風潮に負けずに、おおきくなって欲しい物だ。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ホームラン打者に必要なことが引っ張れる技術なんですよ。
右打ちが高等で、引張りが低級とかそんなことじゃない。
ホームランを打てる打者には何が求められてるかってことですよ。
引っ張りと右打ちでは明らかに飛距離に差が出る。
つまり、ホームランを量産することに必須なのが引っ張る技術なんですよ。
先にも書きましたが引っ張ってホームランを打つことも凄い技術なのです。
量産する為の技術なのです。
だから、歴代のホームランバッターのほとんどが引っ張り専門なのです。
そりゃ、彼らはホームランを打てる技術を持ってる人達だから反対方向に
打とうと思えば打てますよ。ただし、確実に本数は減ります。
ホームランを打てるバッターにわざわざそんなことを求める必要がありますか
って話なんですよ。それはアベレージタイプのバッターがやればいいこと。
ブログ主も書かれてますが、野球ってのは非常に難しいスポーツです。
何かを得ようとして何かを失ってしまうってことはよくあることです。
投手で言えばシュートを覚えて投球に幅を持たせようとして逆に他の変化球や
ストレートに悪影響を与えて勝てなくなったりね。
何かを得ようとすることは常にプラスに働くとは限らないってことを自覚すべきです。
まあ、今まで散々中田に小さくするバッティングを教えてきた梨田には
わからないでしょうけどね。
王さんに対してあなたが反対方向へのホームランを打てるようにもっと
努力したならもっとホームランを打てたなんて戯言を言ってるようなもんです。
ホームランを量産する手段として最も優れた方法が引っ張って打つ技術なんです。
ホームラン打者はそれを磨いて磨いて磨くべきなんです。
松井秀なんて反対方向の打球なんてその辺のアベレージバッターより
しょぼいですよ。
中田はT岡田と並んでNPBを背負って立つ長距離砲です。
梨田はいらんことすなと言いたい。
今まで散々やってきてまだやるかって感じ。

中田の成長はうれしい限りです。
昔は打たないわーこれ大丈夫か? とか思ってたのですがね(笑
手術してから昔みたいな体系じゃなくて、痩せましたね。驚きました。

して、本題。
右への本塁打はあまり見ませんね。
うーん、やっといい感じになってきたのだから、右へ右へと言うと、色々と大変そうですな。
マークもキツくなるでしょうし、意識してやっていくのは似合わないんじゃないかと、個人的に。
うーん、頑張ってほしいです。最近ホームラン見ないのでそろそろ見たいところ。

何をいいたいかというと、今のままでいいんじゃないか、と。
少しは修正とか必要でしょうけども。

やあ、久しぶり?
ずっとコメントは控えてたけども、そろそろ。

んー、中田の成長はある意味信じられなかった。
プロ野球情報に疎いけども(あんまり見てないから)、日ハムって4番の選択イミフだったじゃん。
田中-森本-糸井-中田-稲葉で組めたら結構いい感じじゃないかなーとか思った。
しかし中田が台頭するころに、稲葉がいなかったらアウチと思うけどね。変わりはおらんでしょう。

技術的な面はわからんしどうでもいいんだけど、内角はさばけるようになったんだろうか。

ジアンビのさばき方がすごかった気がする。なんだっけ、ある一点が苦手なんだけどそこを豪快にファールして、その隣の得意地点に誘うように投げさせる技術を持ってるとかなんとか。

無知丸出しw(

>迷監督梨田さん
コメント、ありがとうございます……と言いたいところですが、人をバカにしたようなHNはいかがなものかと思います。批判は批判で一向にかまいませんが、幼稚なことをされてはこちらも少々不快な気分です。

引っ張る技術の重要性は確かにありますが、それが全てとはいえないとも思います。
ボンズは元々中距離バッターで、本塁打は右方向ですが二塁打はまんべんなく打ち分けています。
加えて、次のエントリで紹介するように左打ちです。皆が皆、ボンズのようにすれば打てるというわけでもありませんし、結果としてのプルならまだしも、意識してのプルというのはデメリットも大きい。
中田の打球を見る限り、グリフィーのようなフライ系ではなく、ボンズのようなライナー系ですから、むやみに引っ張ることはむしろ逆効果とも思いますよ。

最期に、ですが……記事の最初にわざわざ”監督批判ではない”と注釈をつけてあるにもかかわらず、監督批判のコメントを寄せてくるのはマナー違反ではないでしょうか?
ここで論じているのはあくまで”打撃”ですよ。

>鶴さん
コメント、ありがとうございます。

中田は昨年終盤のスイングを見る限り、全く打てる気配がありませんでしたが、ここにきて選球眼が磨かれているように思います。
球が見えているから、落ち着いて自分のスイングが出来ているのではないでしょうか。
打球方向というより、理想的なフォームを見つけてもらいたいですね。

>velltramanさん
コメント、ありがとうございます。そしてお久しぶりです。

リードオフである田中賢介の出塁率が素晴らしいことになっているので、現状では4番は確実性のある打者が良いでしょうね。糸井も高出塁率・高長打率・スピードを兼ね備えた好選手ですので、現状の5番はもったいない。良い打順かと思いますよ。
ただ、これを組む頃には田中も糸井もいなくなっているような気もしますけど・・・(苦笑)

今は、むしろ内角甘めが得意コースのように思えます。外角に沈む変化球は空振りしていますね。

ジアンビはカットというより、鬼のような選球眼で有名だったと思いますよ。

1番は結果が出て自信がついたのが大きい、そしてコツをつかんだんでしょう。
途中フォームがおかしく見えた(2年目当たりかな?)
最初の構えでグリップ位置が低すぎる時があってあれで打てるのか?って思って心底トレードを望んだ。日ハムコーチの誰がおしえたんや!って憤慨してました。
たぶんこんにゃく打法と言われた打ち方をしてた人でしょうね。希有なものは、ほぼその人限定なのに。

来年が大事ですね
後はベイ吉村の二の舞だけは避けてもらいたい

>モンキーさん
コメント、ありがとうございます。

結果が出るのと自身がつく-慢心するのは紙一重ですから、どうなるかはわかりませんね。
フォームの問題ですが、監督批判については上記の通りに控えさせていただきます。

プロフィール

コマ

Author:コマ
Dear Baseball.
セントルイス・カーディナルス(カージナルス)のファンブログ+NPBな感じです。
カーディナルスの情報と、気になった話題のコラムで構成していきたいと思います。

記事の内容がお気に召しましたら、一日一回クリックお願いします

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
FC2 Blog Ranking
当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。