FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即席選手再生工場、ホワイトソックス

現在、アメリカンリーグ中地区首位に立つシカゴ・ホワイトソックス。
ケン・ウィリアムズGMとオジー・ギーエン監督という球界屈指の変わり者が率いるこのチーム。大金をつぎ込みながらなかなか勝てないシカゴ・カブスとは違って、ここ5年で地区優勝2回と結果を残している。

さて、このホワイトソックス。今期は成績が下降傾向だった選手を数人復活させ、貴重な戦力としている。
即席の選手再生工場の”制作物”から二人、紹介しようと思う。

J.J.プッツ
プッツ
マリナーズのクローザーとして記憶にとどめている人が多いのではないだろうか。
150?後半のフォーシームに、鋭く落ちるスプリッターを武器に、2年間WHIP一点台以下を記録したが、その後は故障もあり、低迷。
昨年はメッツでK-RODとの黄金リレーを期待されたが、そうはいかず。結局放出され、今期はホワイトソックスに拾われた形になった。
ところが、そのホワイトソックスで復活。防御率は1点台をキープし、WHIPは0.75。34回で40個の三振を奪うなど、マリナーズ時代を彷彿とさせる活躍だ。
彼がリリーフエースとして働けば、ホワイトソックスの地区優勝もグッと近づいてくることだろう。
ちなみに、左のリリーフエースのソーントンも元マリナーズである。

アレックス・リオス
リオス
ブルージェイズのスターとして活躍していた選手だったが、昨年は大不振。再建に入るために14年までの巨額契約を処理したいブルージェイズがホワイトソックスに放出した。
GMは活躍に自信満々だったが、加入後はさらに調子を落とし、AVG.199。シーズンで.246で、OPS.691はリーグワースト4位と屈辱のシーズンだった。
奮起したのか、今期は好調。センターの守備は未知数だが、俊足と強肩は評価が高い。
現在3割30二塁打30本塁打30盗塁を狙える成績で、もし達成したら球団史上初となる。
出塁率、長打率ともにキャリアハイレベルだが、好調の理由は「ここがとっても居心地がよいからさ」とのこと。

他にもフアン・ピエールや、ポール・コナーコなど、目立たなくなりつつあった選手の活躍がすばらしい。
特にコナーコは本塁打数はキャリアハイを記録しそうな勢いで、勝利への原動力となっている。
序盤限定で復活したジョーンズ、けがで離脱のピービーなど、期待はずれな選手もいるが、それを補うだけの力を復活組がチームに与えている。
GM、オーナー、監督、捕手など、個性的なキャラクターがそろうこの球団は、後半戦はどんな活躍を見せてくれるだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
ピービィが故障し、クエンティンも昨年来の不振から抜け出せていない状態で、このチーム成績は見事ですね、あとはAJがブレーブス時代の成績に戻れば・・・
2008年のアリーグを代表するクローザーだったプッツが復活したのだから、2008年のナリーグ最高のクローザーだった斎藤投手にも、当時の投球をもう一度、と期待したいものです。

DJさん、コメントありがとうございます。

ジョーンズは選球眼をなんとかしないことにはどうにもならない気がしますね。身体能力の衰え=そのまま成績の衰えとなっている気がします。
プッツの復活は予想外でした。斎藤は年齢的にもかなり厳しいですが、なんとか活躍の場を見つけて欲しいですね。
今のところ、セットアップとモップアップの中間のような使われ方をしている気がします。あくまで印象ですが。
プロフィール

コマ

Author:コマ
Dear Baseball.
セントルイス・カーディナルス(カージナルス)のファンブログ+NPBな感じです。
カーディナルスの情報と、気になった話題のコラムで構成していきたいと思います。

記事の内容がお気に召しましたら、一日一回クリックお願いします

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
FC2 Blog Ranking
当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。