FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜頭蛇尾、林昌勇

林昌勇(以下、イム)が今年も快調に飛ばしている。
過去二年間は、球宴前まではいずれも神がかった投球をしていたため、決して不思議ではないが、今年は内容もすばらしい。
ヤクルトの低迷もあり、ほかのリリーフ投手に比べると登板機会は少ないが、投球回数22回で被本塁打0、被安打わずかに9という成績が目を引く。
WHIPは驚異の0.63。与四球も5で三振も22個を奪うなど、まったくつけいる隙がない。

ちなみに当代最強とされている藤川のWHIPが1.00なので、そのすごさがおわかりいただけるだろう。
ピンチを作りながらも逃げ切るのではなく、ピンチにすら陥らないイムの自責点は2。
このままいけば最強クローザーと呼ばれる日も遠くないのだが、イムには欠点がある。

彼は毎年シーズン終盤に失速する傾向がある。若い頃に酷使された(120試合前後のシーズンで70試合登板あり、リリーフで投球回数100以上)影響からか、一度トミージョン手術も受けている。
そのためか、日本球界ではスタミナがもたないように見受けられる。昨年も球宴後の防御率はがくりと落ち込んでいるし(wikipediaによると6点台)、一昨年もそうだった。
速球派の性か、故障も少しずつする選手であり、起用には慎重さが求められるだろう。

今年は竜頭蛇尾ではなく、後半戦まで好調を保って画竜点睛のシーズンとして欲しいところだ。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コマ

Author:コマ
Dear Baseball.
セントルイス・カーディナルス(カージナルス)のファンブログ+NPBな感じです。
カーディナルスの情報と、気になった話題のコラムで構成していきたいと思います。

記事の内容がお気に召しましたら、一日一回クリックお願いします

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
FC2 Blog Ranking
当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。