FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLBオールスターゲーム中間発表:NL

NL編。

オールスター内野 NL

一塁手はアルバート・プーホールズ(SL)が堂々の1位。今期はやや不調ともいえる成績だが、2位のハワード(PHI)に約2倍もの差をつけての首位(全体2位)なのだから恐れ入る。MLB最強打者のすごさをしめす数字だ。
トップ3は全員昨年の本塁打、打点の1?3位のスーパースター達で、まさに激戦区といえる。

二塁手は最多得票でアトリー(PHI)。昨年のワールドシリーズ効果か、全体的にNYYとPHIの選手の選出が多く感じる。
アトリーはそれがなくとも甘いマスクにガッツあふれるプレースタイル、素晴らしい実力で選出は確実だっただろう。

三塁手は移籍してきたこれまたPHIのポランコが首位。シェアなバッティングで知られる彼だが、まさかライト(NYM)やサンドバル(SF)をおさえるとは思わなかった。
これも優勝効果なのだろうか。それとも単純にPHIファンが多いのか。

遊撃手はおおかたの予想を裏切り、ロリンズ(PHI)が首位。ラミレス(FLA)は僅差で2位につけている。
この二人はどちらも今を代表する遊撃手と言って良く、最終的にどちらが首位になるか非常に楽しみだ。
それにしてもNLは多くの票をあつめる選手がいる一方で、おおきく他を引き離しているため順位の入れ替わりはないかもしれない。

オールスター捕手外野 NL
続いて捕手。素晴らしい強肩を誇るヤディア・モリーナ(STL)が首位。守備では現役最高とも評される彼が、PHIのルイズをおさえて1位だ。驚くべきはイヴァン・ロドリゲス(WAS)が3位にいることで、歴代最高とも称される彼の人気が伺える。

外野手部門。若き強打者ライアン・ブラウンが首位。プーホールズと並んで三冠王候補として名を連ねる彼の実力のたまものだ。今期も率、本塁打、点共に素晴らしい活躍だ。
2,3位はフィリーズの右中間コンビ。4位のイーシアーは怪我で離脱中だが、離脱前の時点で三冠王の活躍だった。
6位にはATLの黄金ルーキー、ヘイワードがランクイン。今後の活躍次第では出場も不可能ではないだけに、是非とも頑張ってもらいたい。
マニーが9位にいるのは、何とも寂しい限りである。
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コマ

Author:コマ
Dear Baseball.
セントルイス・カーディナルス(カージナルス)のファンブログ+NPBな感じです。
カーディナルスの情報と、気になった話題のコラムで構成していきたいと思います。

記事の内容がお気に召しましたら、一日一回クリックお願いします

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
FC2 Blog Ranking
当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。