FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

See you next year! Cardinals win 2011 world series.

すばらしい瞬間だった。
2011 WS モッテ


シーズンをあきらめかけていた。
ポストシーズンが見え始めた。滑り込みで、ようやく伸ばした手がそれをつかんだ。
しかし、目の前には巨大な壁が待っていた。誰もがカーズの敗退を予想した。
けれど、それは3度までも覆された。そして、その3度目となった今日。

すばらしい瞬間だった。


「私たちは世界でもっともすばらしいファンを持っている。そして、その事実こそが私たちが今宵成し遂げたことを可能にしたんです。感謝します。ありがとう」-John Mozeliak

セントルイス・カージナルスは2011年のワールドシリーズチャンピオンに輝いた。



半年前に飛び込んできたニュースは衝撃的なものだった。
ウェインライトがトミージョン手術で今期絶望。リーグでも屈指のエースを失ったチームは、急遽リリーフだったマクレランを先発に転向させなければならなかった。(それが毎年試みられていたことだとはいえ、2年失敗していたのだ)
絶対の安定感と威圧感を持っていたプーホールスが揺らいだ。この温厚なスタープレーヤーがスランプに苦しむ姿なんて、想像はしても実現なんてしないはずだったのに。
ホリデイもしばしば離脱を経験したし、バークマンはポンコツになる可能性もあった。
フリーズはまたも長期離脱、カーペンターも当初は苦しみ、クローザーのフランクリンは解雇された。
今思えば、前半戦は2006年の時の主力二人(カーペンター、プーホールス)が苦しんだ。なにかの暗示だったのかもしれない。
大不振のラスマスは放出された。代わりにやってきたのはたらい回しの先発投手と聞いたことのない中継ぎ投手たち。
遊撃手を補強した。ただし、その時点では補強どころか補弱になってもおかしくない成績だった。


だけど、それがどうしたっていうのか。
ワイルドカードをつかんだ。最終戦まで持ち込んで、勝利をもぎ取った。
後半戦。ベテラン二人は調子を上げ、共にプレーオフでも活躍した。腐りかけていたローシュが復活し、マクレランも役割を果たした。
バークマンはポンコツなんかじゃなかった。むしろ、まだまだ彼がスターであることを証明できるだけの打棒を見せつけてくれた。
ブルーバーズは貴重な戦力となった。彼らがいなければ、ポストシーズンを勝ち抜けることは絶対になかったはずだ。
ファーカルは移籍後に成績をアップさせたし、ラルーサが積極的に起用した若手たちも期待に応えた。
確かに胸を張れるようなチームではなかったかもしれない。つぎはぎだらけでいつ崩れてもおかしくはなかった。


けど、崩れなかった。勝負の世界は結果がすべて。戦力が高かろうが低かろうが、勝った方が強いんだ。
カーズは強かった。

2011 WS クレイグ

思えば、オガンドーからクレイグが勝ち越し点をもぎ取ったあのとき。
あれが、運命の分かれ目だったのかもしれない。ワシントンは、不振のオガンドーを起用し続けた。悲しいことに、彼の恩情はことごとく裏目になった。
ラルーサの采配も、地区、リーグシリーズの時ほど的中はしなかったが、彼はランナーを出したクローザーを即座に切ることができる男だ。抜かりはなかった。

たくさんの選手がプレッシャーと戦い、退けた。
特にカーペンター、フリース、バークマン。彼らは幾度も期待され、そして最高の結果を持ってそれに答えた。
すばらしい。彼らこそザ・クラッチと呼ばれるべきだ。
2011 WS g6 フリーズ

クレイグもすばらしい集中力を発揮したし、モリーナがいなかったらもう5点は失点が増えていただろう。
勝利には、必ず理由があるものだ。

2011 WS バークマン

「俺たちはチャンピオンだ。誰も、それを奪うことはできない」バークマンは語る。
「その喜びをより大きくしてくれるのはその過程だ。ハリウッドは脚本に困るだろう。あなたも、これは本当なのかい!?って訊きたくなるかもしれない。でも、このチームが成し遂げたことは真実なんだよ」

優勝
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

See you tomorrow night!

大興奮。題はアナウンサーの実況から。いい台詞だ。
2011WS フリーズ



いやはや、エラーだったり守備が緩慢だったり投手がぴりっとしなかったりなんて言われてる第6戦ですが、個人的には大興奮でした。
すごいシーソーゲーム。

TEXは2度も世界一まで1ストライクに迫りながらも敗戦。
一方こちらはそこまで追い込まれながらサヨナラ勝ちしたわけで、選手たちの興奮ぶりも相当なものでしたね。
フリーズはユニフォーム破かれてましたw

ハイライトを抜き出すと、
・9回の裏2点差。2アウトまで追い込まれるもフェリースからフリーズがライトへ2点三塁打。土壇場で追いつく。
・10回の表、ようやくエンジンがかかってきたハミルトンがモッテから2ランショット。再び2点差へ。
・10回の裏。内野ゴロで1点を返し、2アウトながらなおも1,2塁でシリーズで地味に好調を維持し、この日逆転弾を打つなど大活躍のバークマン。センターへシングルで再び同点。
・11回の表、ウエストブルックがなんと無失点に抑える(てかいつの間にロースターにいたんだ)
・11回の裏。再びフリーズ。剛速球が売りのロウからセンターへ特大のwalk-off homer!決着。

な感じで6本の本塁打が飛び出す空中戦でした。
ここにきてようやくどちらもらしさが出てますねw

うちはまだまだ拙攻が続いてますけど、この勢いのまま、明日優勝といきたいですね。
雨で1位日順延したおかげでカーペンターが登板予定。

2002年以来久々に最終戦までもつれこみました。
「俺たちには、今明日がある。そして、きっとそれを勝利で終わらせることができる」
プーさんの言葉を信じて。しかしこの人軽く合わせるだけですんごいダブル打ったな・・・・・・。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

プーさんが爆発したみたいですね

ろくにブログも更新してませんが、まだしばらくはこういう状況が続きそうです。ハァ。
今日の試合でプーホールスがあのベイブ・ルース、レジー・ジャクソンに続いて三人目のワールドシリーズでの一試合3本塁打を達成しました。
プレーオフに入ってからさすがと言える打棒をふるう彼ですが、シーズン最終盤のガチガチっぷりをみてるとあんとき打っとけよって思ったりもしたり。

あとバークマンやカーペンターと延長契約をしてますねー。
プーさん引き留めの資金はあるんでしょうか。なんだかんだ言って残留しそうな気もしますが。

しっかしアーリントンは打球がよく飛びますねぇ。打者不利球場でやってるうちの打線が爆発するわけです。
よく考えなくてもブッシュスタジアムで中軸全員OPS.900クラスとか怖すぎやな。

あとリリーフが安定してますね。プレーオフに入ってからラルーサ・スイッチ炸裂しまくりの決まりまくりです。
ブルージェイズからの移籍組(ブルーバーズなんて呼ばれてたりもするようです)がよく頑張ってます。とくにドーテルのコマンドはみていてほれぼれするレベル。
ゼプチンスキーも左をしっかり抑えてますし、いい感じですね。
モッテはプレーオフでも投球の90パーセントは速球かな。。。

テキサスには悔しい2年連続ワールドシリーズ敗退を味わってもらいましょう。
この勢いでいけば優勝できるはず。今日も録画のハードディスクがうなる!

運命の日

mlb.comにレギュラーシーズン最終日をまとめた動画がありましたのでどうぞ。
ほんと、激動の一日でした。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

プロフィール

コマ

Author:コマ
Dear Baseball.
セントルイス・カーディナルス(カージナルス)のファンブログ+NPBな感じです。
カーディナルスの情報と、気になった話題のコラムで構成していきたいと思います。

記事の内容がお気に召しましたら、一日一回クリックお願いします

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
FC2 Blog Ranking
当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。